No.208 鍛造加工におけるすべり線の可視化解析

円柱状ワーク材を軸圧縮した際に生じるすべり線を可視化するために行った解析例です。
一般的にはアダプティブリメッシュを使用して解析しますが、ここではすべり線を見える化するために使用していません。
なお,本事例はサンプルであることをご了承下さい。

ls-dyna deformation
図 1 すべり線

ls-dyna plastic strain
図 2 塑性ひずみ分布

例題207へ 例題209へ