No.456 S-ALE法によるキャビテーションバブル解析

例題No.427の問題をLS-DYNAのALEにおける比較的新しい機能であるS-ALE法(structured ALE method)で解析して結果を比較しました。 S-ALE法ではALE部のメッシュを作成する必要はなく分割方法を指定すればLS-DYNAが自動的にALEメッシュを生成します。
バブル体積グラフより、S-ALEの結果はALEとほぼ同等であることがわかります。バブル崩壊後の物質分布には若干の差異はありますが、実用上問題のないレベルだと考えます。
計算時間はS-ALEのほうがALEよりも25%高速でした。

Keywords: cavitation bubble analysis, free surface problem, Structured ALE,Cpu time of S-ALE was faster than ALE 25%

Tool: Hyper Mesh v.13, LS-PrePost ver.4.3, LS-DYNA MPP Single Precision Win64 R910 8cores

なお,本事例はサンプルであることをご了承下さい。

May-21-2017

 cavitation bubble analysis using ale
Fig.1 Conventional ALE

 cavitation bubble analysis using ale
Fig.2 Conventional ALE

 cavitation bubble analysis using ale
Fig.3 Structured ALE (S-ALE)

 cavitation bubble analysis using ale
Fig.4 Structured ALE (S-ALE)

 cavitation bubble analysis using ale
Fig.5 Comparison of Volume history between ALE and S-ALE.

例題455へ 例題457へ